介護福祉士の資格を活かせる職場

介護福祉士の資格を活かせる職場

介護福祉士としての門出

晴れて介護福祉士の資格を取得した後には、働く場所を今度は探すことになると思います。イメージとしては老人ホームなどを思い浮かべてしまいますが、それだけではなく、他にも色々と介護福祉士の資格が活かせる職場が存在しますのでご紹介いたします。

 

特別養護老人ホーム

やはり介護福祉士がもっとも活躍を期待される職場は、高齢者向けの入所施設になります。寝たきり方や老人性痴呆症などのため、日常生活を円滑に行えず、自宅での介護も難しい人達が入所して、共同で生活を行う為の施設が特別養護老人ホームなのですが、この老人ホームに入所が認められているのは、原則として65歳以上の方になります。
以前までは、入所の措置は市町村長が行なっていましたが、介護保険制度が出来たことにより、利用者自身が入所するかどうかを選ぶことが出来るようになりました。
そこでの介護福祉士の仕事は、介護職員として食事や排泄、入浴などの直接的な身体介護を行なうほかに、皆で集まってのレクリエーションを促したり、リハビリの補助などの生活全般について介護していきます。やはり、高齢者が集まっていますので、24時間体制で夜勤もあり、3〜4交代の変則勤務のシフトになるため、体力的にはかなりハードな仕事といえるでしょう。

養護老人ホーム

養護老人ホームも、原則として65歳以上の高齢者が対象で、経済的な理由から日常生活が困難な人や、身体に障害があったり、家族がおらず、1人暮らしなどの理由から、日常生活を円滑に行えない人が入所する施設ですが、介護保健制度で定める施設サービスの中には入っていない為、介護を必要とする人の入所は、今後は減少してくると思われます。
ここでも、介護福祉士の仕事は、介護職員として入所者の身体介助などをするのですが、特別養護老人ホームと違い、常に介護を必要とする人が少ない為、主に精神的な面での援助の割合が多くなります。ですが、中には入所している間に身体を悪くし、常に介護が必要になったり、痴呆の症状が現れたりする人もいるので、その場合には介護福祉士の活躍の場がさらに広がると思われます。

老人デイサービスセンター

最近よく耳にするようになってきたこのデイサービスとは、自宅で暮らしている高齢者が、介護を必要とする場合に、通所または、自宅へ訪問してさまざまなサービスを行う施設のことです。老人デイサービスセンターの基本事業は、生活指導、日常動作訓練、家族介護者教室、健康チェック、送迎などがあります。また、通所事業としては、入浴や食事などをおこない、訪問事業としは、入浴、食事、洗濯などで、これらの中からサービスを組み合わせにより、実施することになっています。
介護福祉士の仕事は、介護の専門家として、通所事業と訪問事業の両方に関わっていきます。老人デイサービスでは、色々な自宅へ訪問したりする為、さまざまな利用者と関わることになります。そこでの家族との協力も非常に重要になってきます。最近では、痴呆性老人のみを対象とした「痴呆性老人向け毎日通所型」というタイプの施設も増えてきています。

老人短期入所施設

老人短期入所施設とは、普段は家族で介護をしているが、家族が旅行や、急な病気などで入院したりして、自宅での介護をする人がいなくなり、介護が一時的に困難になった65歳以上の高齢者を、一時的に受け入れる専用の施設のことで、ショートステイとも呼ばれます。一時的に受け入れてくれるこの施設は、自宅で介護をしている方には非常に重要なサービスとなっています。特別養護老人ホームなどでも、一時的に預かるショートステイを行うこともあるのですが、近年ではショートステイ専用の施設も全国に増えつつあります。
一時的とはいえ、介護福祉士の仕事の内容は特別養護老人ホームや養護老人ホームと変わらず、利用者の身体介助や食事、排泄、入浴などの直接的介助を行います。最近では、利用者の数が増加傾向にあり、介護福祉士の活躍も期待され、世間から注目されています。

有料老人ホーム

有料老人ホームは老人福祉法に規定された高齢者向けの生活サービスを提供する民間の施設です。
有料老人ホームには介護付き・住宅型・健康型の高齢者の健康状態にあわせた3つのサービスに別れています。